心理学の仕事

サイトマップ

このサイトについて

プリント当サイトをご覧いただきまして、ありがとうございます。
このサイトは、心理学を活かして仕事をするための情報を集めたサイトです。

大学や専門学校などで心理学を学ばれる方は多いかと思いますが、仕事にどうやって活かせばよいのかわからず、まったく関係のない仕事に就かれているという方も多いようです。
こちらのサイトでは、さまざまな心理学とその資格の概要に触れるとともに、それぞれの心理学がどのような場で活躍できるか、またどのくらいの収入が期待できるかなどについて細かく調べ、ご紹介しています。

すでに心理学を学び、資格を取得している方も、これから資格取得を検討しているという方も、せっかく学んだ心理学をより効率よく行かせるよう、ぜひ当サイトをご覧いただき、今後の参考にしていただければ幸いです。

心理カウンセラー

心理カウンセラーは、相談者に寄り添ってその方が持つ悩みなどを聞いたり、相談に乗ったりする仕事を行います。
この分野の資格も存在し、心理カウンセラーとして活動したい方は、資格を取得してから仕事に就く方が多いです。
ここでは、心理カウンセラーとはどのようなものか、またその適性や資格などについて解説しています。

応用心理士

応用心理士は、応用心理学に関する資格です。
応用心理学とは、心理学をより現実に活用できるように考えられたもので、社会のさまざまな場面で役立っています。
ここでは、応用心理士の資格やその活躍の場について解説しています。

社会福祉士

社会福祉士は、身体障害など、なんらかのハンデを負っている方が、メンタル的に辛い思いをしているとき、その方に寄り添ってカウンセリングなどを行い、健常者と同じように充実した社会生活を遅れるよう支援していく仕事です。
この仕事についても資格があり、資格を取得してから実務に入られる方が多いようです。
ここでは、社会福祉士の資格について掘り下げています。

精神対話士

精神対話士は、生きていくことに前向きになれない方、やる気がなく無気力になってしまっている方に、カウンセリングなどを行いながら充実下生活が送れるようにメンタル面での支援を行う仕事です。
ここでは、精神対話士の資格や仕事内容、活躍の場などについて調べ、解説しています。

臨床心理士

臨床心理士は、メンタル面に問題を抱えた方に、さまざまな臨床心理の技術を用いて問題を解決していくお仕事をする人のことをいいます。
こちらのコンテンツでは、臨床心理士の資格や仕事内容、資格を活かせる職場などについて掘り下げています。

美容業界でも活かせる?

こうした心理関連の知識や資格は、美容業界でもそのスキルを仕事に活かすことができます。
ここでは、心理関連の資格を美容業界で活かす実例をご紹介します。

しぐさと心理(作成中)

しぐさによって、その人の心理状態がわかるという説があります。
例えば、隠し事をしているときにもじもじしたりすることってありますよね。
こうした、しぐさと心理状態の関連性の実例についてここでご紹介しています。
なにげないしぐさで心理状態を当てて、お友だちをびっくりさせてみましょう。

犯罪心理学とは(作成中)

犯罪心理学とは、犯罪に残された形跡などから犯人の心理を解析し、検挙につなげるための心理学です。
ここでは、実際に活用されている犯罪心理学に触れています。

服の色と心理(作成中)

その人が選んでいる洋服の色などから、その人の心理状態がわかるのだそうです。
ここではその一例をいくつかご紹介しています。
お友だちが着ている洋服を早速チェックして、その人の心理状態を覗いてみましょう。