心理学の仕事

サイトマップ

服の色と心理

人が好む色というのはその人によって違いがありますが、その中でもチョイスする服の色で、着ている人の心理が分かるという心理学があるそうです。
ここで、その一例をご紹介したいと思います。

黒い服を好んで着用している方は、強い意志を持っていたり、何かを成し遂げたいと考えているそうです。
また、自分をよりクールに見せたいという方も、黒をチョイスすることが多い様子。
たしかに黒い服を着ているとクールに見えますよね。
女性の場合は、少しセクシーさを出したいときにも黒い服を選ぶことがあるように思います。

そのほか、実際には少し内気だけれど、強くなりたいという「願望」がある人も、黒い服を選ぶことが多いのだとか。
こうした「こうなりたい」という願望に合わせたファッションやメイクをすることで、本当にそれに近づいていくといいますので、心理学的に選んでしまうというのもうなずけますね。

次にグレーの服を選ぶことが多い方。
グレーをチョイスする方は、順応性に優れている方が多いといわれています。
また少し消極的な方も、グレーを選びやすいのですっって。
消極的というわけではなくても地味めなファッションが好きという方はグレーを選ぶ傾向にありますので、これも心理学的に納得できます。

白い服を選ぶことが多いという方は、意外とたくさんいらっしゃいますが、白にはどのような心理的要素が隠されているのでしょうか。
白を選ぶ方は、誠実さを前面に出したいと考えているといわれています。
また、気持ちが前向きになっているときにも、白を選ぶことが多いのだそうです。

白は汚れやすい色なので、着るときには気を使ってしまいますが、それでも着用したいと思うということは、やはり気持ちが前向きになっていることの表れなのかもしれません。
確かに真っ白な服を着ると、スッキリした気分になりますよね。

そのほか、赤は元気な気持ちになりたいとき、緑はおだやかな気分になりたいとき、青はしっかりした印象を与えたい、理性的になりたいときなどによく選ぶ色なのだそうです。
クローゼットの中はだいたい似たような色で統一されている、という方は、その色があなたの心理状態を表しているのかも?
あまり色味の強い服を着たことがないという方は、その色が持った性質を呼び起こすために、求める人間像に合わせた色の服を着てみるとよいかもしれません。
今までグレーの服が多かった、という方は、ぜひ赤い服にもチャレンジしてみては。