心理学の仕事

サイトマップ

応用心理士

生活に密着した心理学

応用心理士とは、心理学をより広い分野で活用できるよう学びを深めていくものであるといわれています。
「心理学を応用する」という、その名の通りの資格ですね。

例えば、人がとあるものやその色に対して、どのように心理的影響を及ぼすか、ということを掘り下げていくのが応用心理になります。
臨床心理とはまた違った分野の心理学になりますが、より生活に密着した心理学だといえるでしょう。

応用心理士には資格が展開されおり、「日本応用心理学会」という団体が運営、管理をいっています。
資格取得にはかなり細かな受験資格を満たしている必要がありますので、かなり本格的に心理学を学んでいる方が前提となるようです。
例えば、大学で心理学を学んだ方(当然それを証明できることが必須です)、日本応用心理学会に入学しており、かつ入会後2年以上経過していて、現在も継続していることなども受験条件となりますので、興味があってすぐに受験する、というわけにはいかないようです。

ちなみに日本応用心理学会の入会資格についても、4年制の大学で心理学を学んでいる人が条件になります。
しかし、大学や専門学校などを必ずしも卒業していないとならないというわけではないようで、例えば高校卒業後、心理学に携わる業務に従事していた場合、その職歴などを詳しく伝え、受験資格に順次しているかを審査していただいて、入会することは可能なようです。

この場合、応用心理士の受験資格についても、そのように考慮していただける可能性がありますので、高卒だからといって資格受験を諦めてしまうのではなく、自分は受験資格を満たしているかということを、まずは学会に問い合わせてみることをおすすめします。

活躍の場面

応用心理士の資格も、さまざまな場面で活用することができます。
医療機関はもちろん、企業の心理カウンセラーとして応用心理士の資格を活かすことも可能です。
心理カウンセラーとして活躍する方の中には、応用心理士の資格を取得している方がたくさんいらっしゃいます。
これらの資格は、免許ではなくあくまで資格になりますので、ひとつの資格だけを取得するということではなく、いくつもの資格を取得され、それぞれの状況に合わせてその知識を活用されている方も多いです。

また、心理学を生活に応用するという考え方から、美容業界でも応用心理士の内容を活かして施術に役立てているサロンがあるようです。
心理学はほんとうに様々な場面で活躍するので、応用心理士の資格をはじめ、ご自身にあっていると思われる心理関連の資格は、人の心身の健康に関わる仕事に就きたいと考える方は、ぜひ取得されるとよいと思います。