心理学の仕事

サイトマップ

応用心理士スクール情報

心理カウンセラーが取得する資格

応用心理士という資格を聞いたことがあるでしょうか。
応用心理士は、個人の心理を理解、分析し、心理学的な要素を踏まえて仕事などに役立てるための資格になります。

このため、応用心理士という仕事があるというよりは、心理カウンセラーなど心理学を用いた仕事をしている人が、より知識をつけるために取得する資格だと考えるとよいでしょう。
応用心理士の資格は、児童相談所や心療内科など、メンタル的な部分に触れる必要のある職場などで活用できるほか、私生活でも活用できる場面が多々あります。

応用心理士の資格は免許とは異なるので、この資格を取得していないと心理カウンセラーの仕事ができないというわけではありません。
しかし、資格を取得していることで、心理学について深い知識があるということを強くアピールすることができる信頼性の高い資格です。

受験資格やスクールについて

応用心理士の受験資格はかなり厳しく、「日本応用心理学会」に2年以上加入していることが必須条件となります。
このため、受けようと思って誰でもすぐに受けられるというものではありません。

そのほか、応用心理学研究において論文を発表したことがある人、もしくは応用心理学に関連する職業に3年以上従事した経験があることなどと定められていますので、「資格を取得してから就職を探す」ということは通用しないのです。
こうした受験資格の厳しい資格であるからこそ、高い信頼性があるのだともいえるでしょう。

応用心理士の資格におけるスクールは、民間では特にありません。
ただ、受験資格として応用心理学会が展開している研修会に5回以上参加したことがある人という規定がありますので、これを活用したい人は受講する必要があります。
研修会については、応用心理学会の公式サイトで確認してください。

心理カウンセラーになるための資格やスクールなどにおいては、各団体が設立され、スクールもたくさん開校されていますが、これは応用心理学会の資格とはまた別のものになります。
これから心理学を学んでカウンセラーとして仕事がしたいという方であれば、別の団体の資格を、すでに何らかの形で心理学に関わる仕事をしていて、より深くスキルアップしたいという方は応用心理士の資格にチャレンジしてみてもよいと思います。

応用心理士の資格を受験するのでれば、まずは日本応用心理学会に加入することから始めましょう。
加入後に研修会に5回以上参加し、2年経過して受験することが、実務未経験者の受験の近道になります。