心理学の仕事

サイトマップ

臨床心理士

臨床心理士とは、日本臨床心理士資格認定協会が認定した人に使うことの許された名称で、さまざまな心理カウンセラーの中で、臨床心理的なアプローチで問題の解決を行う人の事を指します。

心理カウンセラーはたくさん居ます。同じような事をやっていても別の名称で呼称する場合もありますが、この臨床心理士は臨床心理学的観点での問題解決をしていくというのが特徴ではないでしょうか。

臨床心理士は大きな4つの仕事があります。それぞれどういったものなのか見てみましょう。

参考サイト:日本臨床心理士資格認定協会

4つの仕事

まずは臨床心理査定と呼ばれるものです。臨床心理士は面接や観察を行い、その人が今どのような状態にあるのかを正確に把握します。病気と同じでその人に何が起きているのかを正確に把握しないと治療のしようがないわけですね。

次に心理カウンセリングです。心理カウンセリングは査定(アセスメント)の結果を持ってその人にあったカウンセリングや心理療法を実施することです。さまざまな手法で問題解決を行い、その人の心のケアを行います。

3番目に、臨床心理学的地域援助といった地域援助も実施します。心の病気は自分一人では解決しにくいものです。必要に応じて学校、職場、家庭など患者さんに近い環境で援助をお願いし、環境を変えていくことで心の病気を改善していこうという事です。生活改善指導も行うこともあります。

最後に研究や調査を行い、より臨床心理学的なアプローチで人の心のケアを行えるようにするという事です。人の気持が楽になるにはさまざまなアプローチが必要です。その人が好きなこと、取り組み易いことでまずは気持ちを楽にさせるという事もあります。美容が好きな人は美容に関連したことを行ったり、興味を持ったりすることでちょっとずつ心の壁を取り払っていくのです。

広がる活躍の場

臨床心理士の活躍の場は年々増えています。昔は病院やクリニックだけでしたが、現在は学校や企業でも率先してこの臨床心理士を配置し、社員のケアがすぐに行えるような体制をとっています。学校の場合は生徒のケアだけではなく、教員のケアも必要になるケースがあるんです。人がいつどのように傷つくかはその人次第で、さまざまなケースがあります。その人にあったケアを行わないと、全く効果が出ないというケースもあるんですね。

また少年犯罪などで少年院に入っている少年や、犯罪に巻き込まれて心の傷を負った人のケアをするなど、社会の構造が複雑化するに従って活躍の場は年々広がっています。