心理学の仕事

サイトマップ

臨床心理士の需要

需要は高まっている

人は病気になれば病院に行くように、精神的な悩みを持ったならカウンセリングを受けようと言う人が増えています。
このような認識は日本でも徐々にですが広まっています。
昔に比べると生活や人の価値観は様々に広がっており、生活の仕方も多様化しています。
その一方では、職場や学校や地域社会では、様々な心の悩みを抱える人が増えており、ストレスも感じやすい社会となっています。

多くの方が心の問題を抱えやすい今日の社会では、臨床心理士の需要も高まっています。
その証拠として、企業などでも大きなところは部署内に臨床心理士を雇うような会社もあります。
採用する企業も増えてきていますので、将来的な需要も多くなるでしょう。

待遇や収入面では不安は大きい

臨床心理士の資格は国家資格とはなっておらず民間資格であり、その影響もあるためか、採用情報を見ると、収入や待遇はあまり良くありません。
正社員としての採用もしているところはありますが、給料は月収20万円いくかどうかであり、低いと月収は15万円ほどとなります。

仕事をすれば専門性を高められる職業ではありますが、公的機関での募集では多少待遇は良くなりますが、それ以外の場所では低い待遇です。
さらには新人として働くなら常勤の募集はほとんどなく、非常勤としていくつかの職場を掛け持ちして働いている人もいます。
非常勤だと時給制となりますので、給料はさらに低くなります。

安定した待遇を求めるなら公的機関で公務員として働くことを目指すのが良いですが、この募集枠は少ないです。
公務員として働くなら公務員試験も受けないといけないので、ハードルは高いです。

しかしながらそれでも心理系の資格で働ける仕事としては、日本では臨床心理士が一番信頼性が高いといわれています。
もしもカウンセラーとして働きたいなら、臨床心理士の資格を取得するのが良いでしょう。
心理系の仕事はその仕事内容が不明瞭であるために、これといった就職するための道筋もはっきりしていない場合が多く、カウンセラーとなると尚更です。

しかし臨床心理士となれば、その資格を取得して、臨床心理士を募集しているところに行けばよいので、比較的働きやすい職業です。
採用される場合は即戦力となる人が求められる事が多く、もしも未経験なら契約社員などとして経験を積むと良いでしょう。
そうすれば、正社員や常勤としての採用の道も開けてきます。

現在はまだ臨床心理士の仕事は広まってきたばかりであり、十分に認知された仕事とはいえません。
将来的には臨床心理士を必要とする人が更に増えて、需要が増えてくれば、臨床心理士の待遇もさらに良くなって改善されてくるでしょう。