心理学の仕事

サイトマップ

社会福祉士

国家資格のソーシャルワーカー

社会福祉士とは、精神保健福祉士との総称である「ソーシャルワーカー」の国家資格です。
心理関連の資格は、民間の資格であることが多いのに対し、社会福祉士の資格は国家資格となりますので、この資格を取得しないと業務につくことができないという仕事があります。

この資格は、心身に何らかの障害をもっていて、日常生活を行うことに支障がある方に対し、よりスムーズに日常生活を行うことができるよう相談にのり、アドバイスをするなどの支援を行うことが主な仕事となります。
社会福祉士の一存で相談者の方向性を決めるというものではなく、医師や医療関連業務を多なっている方々と連携をとりながら、障害者の方への支援を行って行く仕事です。

介護や福祉業界に共通していえることですが、社会福祉士においても現在人手不足が顕著なようなので、比較的ニーズが高い職業であると思われます。
心身に障害をもち、精神的に不安定になっている方、前向きになれない方というのは増えてきているので、こうした需要は今後も高まっていくでしょう。

幅広く活躍できる

社会福祉士の仕事は、介護や福祉関連の仕事を行う中で、多方面で活用することができる資格です。
例えば、介護士の資格を取得して、介護士として働きつつ社会福祉士の資格を取得し、両方の資格を活かしながら働いている方もいらっしゃいます。
また社会福祉士の資格は国家資格になりますので、この資格を取得していることで、転職や就職の際の選択肢が広がります。
スキルのアピールにも直接つながりますので、メリットの多い仕事であるといえるでしょう。

社会福祉が受ける具体的な相談内容のひとつとして、今後介護が必要になった人の相談があります。
例えば、相談者のお母様が脳梗塞で倒れ、半身不随になってしまったことから介護が必要になった。しかし父はすでに他界しており、母親の介護を行うものが自分しかいない。しかし自分は仕事を持っている上に子どもが小さいので、完全介護をするのは厳しいため、介護要員を捻出する必要があるが、どう手配すればいいのかわからない……。

こういった内容の相談を伺い、それに伴った最善策を提案、アドバイスをするのが社会福祉士のお仕事です。
介護や福祉に関する専門知識が必要となりますので、かなり広い範囲で勉強しなければなりませんが、ここで習得した知識は、介護や福祉業界で幅広く活用することができるでしょう。

社会福祉士の仕事は定着率の高い仕事としても知られています。
安定して働くことができるので、長く仕事を続けたいという方にも向いている仕事だと思います。

社会福祉士の適性(作成中)

社会福祉士の収入(作成中)