心理学の仕事

サイトマップ

社会福祉士の収入

社会福祉士の気になる収入はどれくらいなのか調べてみました。

やはり同じ社会福祉士の仕事でも幅が広いようですが、平均すると400万円前後である場合が多いようです。
社会福祉士は福祉系の仕事であり、介護職なども同じ類の仕事になるかと思いますが、介護士などと比べるとかなり年収が高いと思われます。
介護士としての実務経験を長く積んだのちに取得できるケアマネージャーの仕事と同じくらいの収入だそうです。

ベテランの社会福祉士になると、年収600万円を超える方もいらっしゃるようなので、福祉系の仕事の中ではかなり安定した収入が期待できます。

新人の社会福祉士の場合、だいたい年収は300万円くらいから始まります。もちろん額面で、ここから社会保険料などが引かれますので、手取り金額になるとさらに差があります。
年収が上がっていくのは30代以降のケースが多いようで、600万円代の年収を得ているのは40代以降の社会福祉士が多いようです。
しかし、一般企業のように頑張ったからといってすぐに昇給があるというわけではないのが厳しいところ。

一般企業では、定期的に評価が入り、評価が上がるとそれにともなって収入が徐々に上がっていきますが、社会福祉士の場合は医療関係の仕事になりますので、ほぼ決まった報酬の中からお給料をいただくという形が一般的。
経験年数や実績などに応じて少しずつ昇給されるというケースが多いようですね。

福祉系の仕事の中では社会福祉士の仕事は収入が安定しているようですが、業務量を考えると必ずしも割のよいお仕事とはいえないようです。
これは福祉や介護系のお仕事全般にいえることですが、社会福祉士の場合も実際の仕事はかなりハードで、心身ともに大変だと感じている方が多い様子。
年収だけを見ると高めでも、残業をしなければならないことも多いですし、もっと収入を上げてほしいと考えている方がほとんどのようです。

社会福祉士の仕事は、老人ホームや介護施設などいろいろな働く場所があります。
仕事によっては、同じ仕事でも働く場所によって収入に差が出るというものもたくさんありますが、社会福祉士の場合はどの機関で働いても、大きく収入が変わるということはないようです。
自分で事業を起こした場合には、その利益によって得られる収入も変わりますので、高収入を得ている方もいらっしゃいますが、雇用されて機関で働いている方は、経験などが同じであれば、だいたい同じくらいの収入だと思われます。