心理学の仕事

サイトマップ

心理カウンセラーの収入

心理カウンセラーの収入は、働いている機関や雇用形態などによって大きく変わってきます。
平均年収は200万未満から600万円と、その差はとても大きいです。

心理カウンセラーの仕事は、病院や教育機関で働くケースもあれば、自分でクリニックを運営するという方法もあります。
アルバイトを含め、雇用される形で勤務される場合は、月収で15万円前後からの収入である場合が多いです。
カウンセリングサロンなどを開業する場合は、売上によって収入がかなり違ってきます。

心理カウンセラーの中でも比較的収入が安定しているのは、公務員で心理カウンセラーとして行政の仕事をしている人が多いと思われます。
公務員というだけでも安定していますので、よりしっかりと働きたい方は、公務員として心理カウンセラーの仕事ができれば理想ですね。
ただし採用枠はかなり狭いと思われますので、社会人経験者からの転身は難しいかもしれません。

臨床心理士などの資格を取得すると、雇用される場も広がりますし、資格手当などがついて収入が増えるということも考えられます。
民間のスクールを出ただけでは、医療機関などで働くことが難しいと思われるため、民間のカウセリングサロンなどで働いている方が多いですが、その場合は収入もかなり低くなってしまうようです。

最近は社会人でうつ病などを発症してしまい、仕事を継続できなくなってしまう方が増えてきているので、企業が心理カウンセラーを雇用して、相談の場を設けているところも多いです。
こうしたお仕事も、比較的収入は安定していると思われますが、企業によって報酬は変わってきます。

心理カウンセラーの仕事は、カウセリングの内容自体も仕事する場所によって違いがありますので、収入については働いたところ次第、という傾向にあります。
仕事を探されるときは、仕事内容や報酬についてきちんと確認してから応募されることをおすすめします。

リラクゼーションサロンなどで働きながら、心理カウンセラーとしての活動も行い、お客さまの気持ちを軽くするお手伝いをしている方もいらっしゃいます。
こうしたお仕事の場合は、サロンワークの報酬のほかに心理カウンセラーとしての報酬もつきますので、仕事の幅が広くなりますが、収入も高めであることが多いようです。

自分でいろいろな働き方を模索し、それにともなって収入を増やすことができる職業になりますので、より知識やスキルを活かせる職場を模索してみるとよいでしょう。