心理学の仕事

サイトマップ

心理カウンセラーの適性

心理カウンセラーに向いている人というのは、どんなタイプの人でしょうか。

相手の気持ちを考える

まずは、「相手の気持ちになり、共感してあげることができる人」ということが第一です。
カウンセリングを行うにあたり、相手に寄り添って話を聞くということはとても大切。
相談相手の話を聞いて、たとえあなたがそれが正しいと思わなかったとしても、まずは受け入れてあげることが重要なのです。

そのため、「いや、それは違うと思う」とついズバッと切り捨ててしまう方は、心理カウンセラーには向いていないかもしれません。
そして、相手の話を最後まで聞いてあげることができるということも大事。
途中で話を切って、自分の話をはじめてしまうのはカウンセリングとしてはかなりよろしくないことですので、聞き上手であることは、心理カウンセラーとして必須条件であるといえるでしょう。

温かい雰囲気

そのほか、温かい雰囲気を持っているということも、心理カウンセラーとして大切な要素だと思われます。
中身はとても温かい人だったとしても、見た目できつい印象をあたえやすい方は、相談相手が萎縮して思うように話ができない可能性もありますので、できれば見た目や物腰も柔らかい方が、心理カウンセラーに向いているといえます。

そして、心理カウンセラーは、カウンセリングの内容から、その人の心理状態を分析し、問題の解決を図ります。
他人の分析を行うわけですから、自分のことも客観的に分析することができる人が、心理カウンセラーに適した人だということもいえるでしょう。
他人のことについては冷静に分析することができても、自分のことになると感情的になってしまう、というのでは、心理カウンセラーとしての信ぴょう性に欠けますね。
自分のこともカウンセラーとしてきちんと分析できるよう、精神面を鍛えることも重要です。

日々勉強できる

そしてそのほかの重要な適性として、日々の勉学を怠らないということもとても大きいと思います。
心理学については日々進化していきますし、専門分野の情報も随時更新されているはずです。
これらの勉強を怠っていると、あっという間に持っている知識が古いものになってしまい、よりよいカウンセリングを行うことができません。
常に最新の心理学や専門知識を取得できるよう、情報収集を怠らず、またそれらの知識を吸収し続ける意欲のある方が、心理カウンセラーに適していると思われます。

こうした適性については、心理カウンセラーはもちろん、すべての心理学系のお仕事に関していえることだと思われます。
他人の問題を解決し、精神の安定を図る仕事になりますので、かなりの素質が要求されますし、素質以外の努力もとても必要になるお仕事です。
これらの適性については、もちろんすべてを満たしているという方は少ないかと思われますが、こうした適性をひとつでも多く満たしている方、またはそれに向けて努力することができる方は、心理カウンセラーとして大いに活躍してくれることでしょう。